一からの新生活
 
基本的な道具は
一人暮らしからの
愛用品を持ちこみ
 
必要なものは一つ一つ揃える  
なにより楽しい時期の
はずなのに 
 
半年ほど経った頃から
 
今までなかった違和感
 
それは日に日に強くなり
気になってしかたがない
 
何かと言うと
 
自分でも驚くほど
わがままなことで     

実は違う衣装ケースが
欲しかった
 
夫が 私の好みを考え 見つけて
意見を聞いて
お金をだして
組み立ててくれた物が
 
気に入らないと言うのだから
 
よほど感謝が足りないのだと
落ち込み 自分に苛立った
 
それでも 毎日 
衣装ケースを開け閉めする度に
気持ちは暗くなり
 
なぜだろうと しばらく悶々と考え
 
やっと気がついたのは
とても簡単な答え
 
私は夫に『 遠慮 』していた
 
 " いいのが見つかった " と
喜ぶ夫に合わせて
『 物分かりのよい』フリをして
 
『 私が一番好きで欲しい物』を
伝えていなかった
 
( やっぱり 無印のがよかった )
 
私は 夫にも自分にも
『 正直 』でなかったのだと 
 
後日 呆れられる覚悟で打ち明けた
 
夫は 拍子抜けするほどの調子で
「 そうだったの 」と笑い
 
「 次からそうしたらいい 」
と言ってくれて
ほっとして力が抜けた
 
( 衣装ケースくらいで )
 
いや それが問題ではない
 
『 勝手な妥協 』をしたり
『 本当の願い 』を無視したり
 
無意識に諦めるのが
私の悪いクセ
 
これから夫婦として 
様々な選択をし続ける
 
それこそ   
衣装ケースどころではない
 
買い換えがきかない
お金では買えないこと
 
手放したり 失ったり
時にはつらい選択もあるだろう
 
だけど このひとには いつも
素直に本音でさえいたらいい
 
そんなふうに思えて
嬉しかった
 
来年の春で 丸2年
新婚気分はとうに過ぎたけれど
 
新米夫婦のまま
あっと言う間の一年だった
 
来年も大切に過ごしたい
 
夫は仕事も忙しくなるし
私はまだまだ本調子でもない
 
だからこそ
" 今 " できることに感謝して
 
もう一息
物や用事を減らしていこう
 
常々 そう話している。
 
 
f:id:megane26:20151227102352j:image
上野駅の福引でもらった
アンデルセンのクッキー 
 

ミニマリスト

ブログランキング参加中