ミニマムな暮らし 1LDK

ミニマムな暮らし「今までのこと これからのこと」日々の気づきや思いを記録中

グレーの紙箱にピンクの紐素敵なラッピングでいただいた小さな お菓子とお便りはがきサイズの入れ物を改めて手に取ると大きすぎず小さすぎず使いやすそう先日から使い始めた薄い封筒に一週間毎と費用別の家計費を入れ今月分ざっくりの封筒管理中身も封筒も薄さが 功を奏して

ReadMore

明け方にはやんだ雨小さなベランダも清めてもらえてひんやりさっぱり春先に使い出したランドリーマグちゃんのおかげで部屋干し臭も気にならなくなりすこぶる快適加えてベランダの排水周りがきれいになったと感じる気のせいだろうかいや ちがう 反語で表現したくなるほどもっ

ReadMore

トイレと浴室に挟まれた小さな洗面所さっと拭けるウエスがあったらいいれど最近 捨てる布はほとんど出ない使い捨てない小さいサイズがいいなと 思い立ち台所用ふきんを半分にカット二つ折してちょっと置きにちょうどいいサイズ我が家の使用頻度なら二枚ほど重ねておけば順繰

ReadMore

普段よく口にする「 片付け 」ということば家族に問われ改めて考えた自分にとっての「 片付け 」とはなんだろう目の前の目に見えるものに限らず残していたら気がかりなこと無意識に引っかかっていること分からないのに分かったふりや先延ばしにしていること小さな種がひょろ

ReadMore

先週から積んであったゴミ袋可燃 不燃 資源と分け 全て出し終え久しぶりにいつもの玄関周りほっとする今週の実家断捨離は「 いざ 本棚 」買取依頼した回収用ダンボールも5箱 届く本は一冊 一冊小さいけれど集まれば大きな家具と変わらぬほどの存在感それぞれ 思い入れもある

ReadMore

薄手のシャツに軽い靴持ち物はかごやリネンなど普段の装いも自然と身軽になる 夏洗濯物も食器もよく乾いていつも以上に家事が捗る気がするし陽が長いおかげもあって早朝から活動日中は陽射しを浴びて程よく体も疲れ一風呂浴びて明かりを落とせば夜は素直に早めに休みたくなる

ReadMore

実家からの差し入れ 餅米がなかなか減らないおこわも好物だけれどもう この季節蒸し料理に逃げ腰になりすっかり余らせてしまい冷蔵庫の野菜室を占領なんとか美味しく食べきりたくたっぷり一晩浸水餅米計量カップ 2 に対し気持ち 多めの水おはぎよりももっと柔らかくいつもの

ReadMore

かなり以前夫が空港の手荷物検査で没収とあいなったビクトリノックス学生の頃から気に入りだったもの入れっぱなしで忘れていたことを悔やみ残念だった思い出いつかプレゼントする とその時 言った言葉も都合よくすっかり忘れていたけれど 今回の片付けでもうひとつリュック

ReadMore

10代のころ片付け下手な母をだらしない と反抗台所を片付けたり勝手に捨てたり過去記事( 六つあった お玉 )心のどこかで見下していたもっと素直に言うならば理想通りの母でいて欲しかった私こそ理想通りの娘ではないけれど ただなんでもいいから褒めて欲しい認めて欲しい

ReadMore

実家の断捨離予想以上に残していた 押入れ夫の私物を自宅にも持ち帰りこつこつ選別残すものと手放すものに分けている大きな缶箱にはそれぞれ缶バッチや本物の宝石文字通り玉石混合でおもしろい明らかにゴミとするものはどんどん山積み今週中には出せるので減っていくのが嬉し

ReadMore

毎年 この時期 賑わう紫陽花のお祭りの小さな出店として並ぶブルーベリー先日はお祭り前だけれど何分咲きかと立ち寄ったところ早々届いたとのことで 開店中早速 購入嬉しく冷凍昨年まではジッパーバックに保存していたけれど最近は買っていないしばし考え既存のものと同じプ

ReadMore

一時期 醤油を小さめにしたけれど最近は蕎麦などの麺ものが増えた塩気を求める季節今回は大きめ 450ml を購入インスタントコーヒーと紅茶は飲みきりしばらくお休みその代わり黒豆ルイボスティー麦茶などティーバッグの季節到来そして ちびちび頂いている大瓶蜂蜜はなかなか

ReadMore

からだの細胞はひとつひとつ壊してはまた生まれ一定期間で入れ替わるというからもっと言えばあの頃の自分と今の自分は違うからだなのだというエネルギーに溢れた子供達ほど無茶ができた若い頃ほどクルクルと入れ替わってはくれないけれど今もこうして保つバランスなんて有難

ReadMore

陽射しを浴びて家に帰ればおやつの時間あいも変わらずところてん付いているタレは甘めなので加減してお酢を追加塩もみの胡瓜やレモンを添えるとさらにさっぱり元気が出る献立も決まり材料も揃っている夕餉の支度は気持ちが楽でしばし畳にゴロリ空を見上げる陽が長いことの幸

ReadMore

壁一面の本棚には家族全員の本がぎっしり 特に本は大切にとの祖父の教えで「 売る 」という発想もなかなか慣れず古いものから最近のものまで重なり合う震災当時はばらばらと落ちて大変だったがその後もとにかく慌ただしく手につかないままだったとのこと当時のことは分から

ReadMore

↑このページのトップヘ