ミニマムな暮らし 1LDK

ミニマムな暮らし「今までのこと これからのこと」日々の気づきや思いを記録中

くるくると繰り返す毎日の掃除絞り込まれた必要最小限の小道具たちはビニール袋にひとまとめバケツを使いたい時は袋ごととり出して用が済んだら元に戻すなるべく使い捨てせず必要以上のものストックを持たず慣れてしまえばお金もかからずこざっぱり部屋の中も収まりがいいと

ReadMore

わが家のガスコンロは一人暮らしの頃のものすっかり年季が入り魚焼きグリルや五徳の焦げは落ちないものと諦めて純正の部品別売りもあるけれど本体もそろそろと思うと決めかねるもう コーティングもなにもないやさしく磨かなくていいのだと気づいたら手荒にも工作用のヤスリで

ReadMore

洗濯物もからりと乾く心地よい日差しここに暮らしてまだ 数年だけれどこれほど爽やかな六月ははじめて故郷の初夏のような風こんな日の父の口癖は「 なんもかもない 」北海道の方言で「 何も言うことがない( ほど 良い。 素晴らしい。 ) 」という意味ひと仕事終えてさっぱり

ReadMore

足元から涼しく過ごしたいこれからの季節欠かせない愛用の靴下が無印良品の薄手フットカバー毎年チャコールグレーで色を統一一組ずつ揃えずにひとつに全てを重ねてコンパクトにするのが好きな 収め方今季の三足も新たに買い揃えた真夏には室内履きとしてもさらっと快適くるく

ReadMore

夫婦共々このところ体が重い米びつのお米も半分以下になってきたので月の後半はもち麦ご飯で過ごそうとありったけを混ぜてみたぷりぷりと膨れてお腹もいっぱい心なしか翌朝のからだも軽いお通じもよしバランスが傾くとあっという間の上り坂下り坂整えられるそのうちにリセッ

ReadMore

週に何度か預かっている施設入所中の祖母の洗濯物いつものマグちゃんでも取りきれない独特の匂いがやはりありにわかに増えた暮らしの課題久しぶりに衣料用漂白剤を買ってみたが変わりばえなくざんねんこんな時こそと原点に戻り台所の穀物酢を水に加えて浸け置きまだ手探りな

ReadMore

時短が嬉しい茹で時間 2分のお蕎麦台所も気温急上昇で蒸気がつらいこれから本当にありがたくそして 今回スパゲティも早ゆで 3分あっという間でおどろいたソースとからめるのに気持ち早めに上げたのだがそれでも ちょっと遅すぎたかもそう思えるくらいあっという間次は 2分で

ReadMore

古いアパート小さな庭はのんきに雑草が伸び放題この時期はちょっと嬉しいどくだみの花Instagramこんなぐるりで季節の虫は悩ましいコンパクトタイプ長時間タイプあれこれ 試し結局これが一番なのではと思い至った改めて 効能を見るとほとんどのものをカバーしており頼れる一本

ReadMore

先日 観た「 山のトムさん 」部屋のもの服の色合い茶やベージュそれと時々ブルーグレーの様な淡い色農作業の服などは洗って干してのいい色褪せいつの間にか囲まれている色のノイズ暮らしの中では適度な心地よさがなによりで目立っているものは抜き少しずつ揃え整えるといつの

ReadMore

浅めの引き出しに並べて見渡す仕切りなく定位置は決まっていない自分に合わせてその時々置きかえる自分のことももののことも目が届く手が届く。

ReadMore

本当に助かる梅雨の晴れ間祖母のものを預かるようになり一気に増えた 洗濯物今日明日洗えたら御の字それでも乾きにくい雨の週に突入したら近くのコインランドリーの乾燥機へある時期何かができない間は無理せずに何かに頼る日光や雨と同じくらい身の回りの恩恵。

ReadMore

夫実家物置化したワンフロアの片づけ継続中毎週 夫の休日に合わせて粗大ゴミを出す今朝はホットカーペットガラステーブル折りたたみ椅子今となってはどれも古く壊れて使えない合計3点 2000円也これまで三ヶ月間出したものと合わせてなかなかの金額になってきた当時からひとつ

ReadMore

キャンバス生地にしっかりラバー全天候型というムーンスターのスニーカーはずっしり感じる重さだが安心の一足お気に入り難儀していた脱ぎ履きも伸びる紐に替えたらぐっと楽夫も自前のスニーカーに使いたいとのことでお試しに100円ショップセリアで購入黒 白 の他生成りがある

ReadMore

お直しに出していた一足が戻ってきた夫の革靴ビルケンシュトック磨り減った靴底は希望のビブラムソールへつま先の擦れまで直してもらい色褪せた靴紐も新品へまめにクリームを塗り手入れしているお陰か昨年の大雨旅行で濡れに濡れてもシミにならず 復活した愛用それがまた生ま

ReadMore

なかなかの土砂降りでひとつ用事はあきらめてその時間もの 部屋の片づけ一軍 二軍を見直しもしかして三軍かも保留かもと素直に思い直すものもひとつ ふたつ手放すかどうかの悩ましさはいつになってもあるけれど数が少ない分気持ちは楽梅雨明け頃にはこころ決まるだろうかそれ

ReadMore

↑このページのトップヘ